自作ラジコン

ラジコン攻略ガイド

ラジコンを自作する時に参考にすべきサイト

船や飛行機、自動車や戦車など、ありとあらゆる乗り物がラジコンになりました。
今はそれらを屋外で操作し、自分の思い通りに動かすことを生き甲斐にしている人も多いです。
子供の遊びとして模型作りが広く浸透したのは1980年代ですが、この頃からすでに高い技術を持つメーカーはたくさんありました。
パーツのみを組み立てて自作し、それを操作する快感はひとしおです。
今はメーカーの技術力も進歩し、初心者でも簡単に模型を作って走らせたり飛ばしたりできるようになりました。
ラジコンを自作する時に参考にすべきサイトもいくつかありますが、その中でも一押しなのは趣味で模型を作る人のブログです。
彼らは自分が動かしたい模型の作り方やパーツの取り付け方、その特性まで細かくサイト上に記しているので、どれが必要な部品なのか瞬時にわかります。
自分で色や形を改造することも今は難しくないので、専門のお店に行ってアドバイスを受け、作ってみるのも一興です。

自作ラジコンで船を作り上げる楽しさ

造形自体を自分で作り上げたという満足感を得られるラジコンが人気になっており、モーターなどは付属したパーツを使いながら、ボディー部分は発泡スチロールなどを自分でカットして作り上げるという人が増えてきています。
そういう作り方をする事で細部にまで造形にこだわる事が出来て、他人に自慢したくなるものが出来上がると言われる方が多いのです。
発泡スチロールを使った自作ラジコンでは船を作り上げている人が多く、発泡スチロールは軽い素材だからこそ直ぐに水に浮いてくれるという利点があります。
カッターなどで簡単にカット出来るからこそ子供でも好みの形を作りやすいという点もあって、親子で一緒に船を作り上げているという人も珍しくありません。
モーター部分の取り付け位置などに工夫をしなければ上手く前身しなかったり、重量バランスを考えるといった計算は必要になりますけれど、その計算がぴったり合った時の気持ち良さが自作ラジコンの人気の理由です。

Valuable information

京都で和装前撮りを検討する

2018/12/18 更新

COPY RIGHT (C) ラジコン攻略ガイド ALL RIGHT RESERVED